プロフィール

しのっちママ

Author:しのっちママ
さいたま市緑区在住
2007年11月生まれの娘を
ネタにブログを更新中です

かなりアウトドアな家族
11kgの娘を担いで山登るパパ
子供とお出掛け大好きママ
逃げ足が速いしのっち
子育て期だからこそできる
新しい出会いや発見は大切!
子育て万歳!
親バカ万歳!
おでかけ万歳!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

ランキング

育児ランキング

カテゴリ

FC2カウンター

最新トラックバック

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

トイストーリー3

ママでいるのがつらくなったら読むマンガ

子供に野菜を食べさせたい

ホームベーカリー

マザーガーデン

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの心のコーチング

しのっちさん、昨日から下痢気味。。。
家で休養中&食事制限です。
あらら~早く治るといいけどね

二歳児のしのっちはできることも、とても増えて成長もとっても楽しいぃー

しか~し、だんだんしつけも難しいお年頃になってきました。

ママも怒るか、言い聞かせるか、見逃すかと日々迷いながら接しています
パパもね~一緒に悩み中。。。

パパがこんな本を買ってきてくれました
子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)
(2007/10)
菅原 裕子

商品詳細を見る

これは思わず「そう、そう」って言いながら読める!
悩んでいた私も納得しながらとても勉強になりましたよ~




本より抜粋

◆親はとにかく「今」に焦点をあてがち。
 今、子どもは安全か。今、子どもは親の思う通りにふるまっているか。
 今、子どものまわりで親ののぞむ通りのことが起きているか。
 今、親の望む子でいるか。。。
 「今」に焦点をあて、その通りになっていないと口をだし、手を出す。
 そうすることで親は、今の安心と秩序を手に入れている。
 しかし、その一時の安心と秩序に焦点を当てすぎると、子どもの一生から自主性と
 そこから生まれる喜びの芽を摘み取ってしまうことになる。

◆helpは「できない」人のために、その人のために変わってやってあげること
 (赤ちゃんの時は完全な保護が必要なためhelp)
 supportは人を「できる」存在ととらえてそばで見守り、よりよくなるために必要な時に手を貸すこと。
 supportこそがまさに親の仕事

◆親は子供に対してどんなhelpをしがちか
 ①子どもがするべきことを逐一支持し、命令する
 ②子どもの欲求を察し、無条件で何でも与える
 ③子どもがどう感じるべきかを教える
 ④子どもは親の延長と考え、親が求めるとおりになるよう期待する
 ⑤子どもの問題をすべて親が解決する
 helpの中で育った子どもは自分でするべき様々な体験を親に横取りされ
 体験に基づく学びが少なく、問題解決の経験が充分にない。

◆子どもがhelpを必要としなくなる時期がきても「この子のために」と使命感に燃え、守り、
世話をし、指示し、命令し、親としての仕事をしているかという充実感を得ることができる。
 helpし子どもを支配することで子どもの依存度を高め、
親自身の存在の重要度を高めることができる。人に必要とされるのはとても気持ちのいいもの。
それが子どもの自由を奪っているなど思いもしない。
 自立を邪魔しているという意識はない。

◆自己肯定感は人生の初期に自分を保育してくれる人たちに愛されることによって
身につけることのできる感情。親のもっとも重要な使命は子どもに自己肯定感を与えること。
 それは「愛すること」を教える行為。「愛すること」を教えられた子は一生幸せに生きることができる。

◆①「ほめることがいいことだ」という誤解
 ②「叱ることがしつけになる」という誤解
 ③「上手な叱り方というものがある」という誤解
 ほめることを動機づけの基本として使う親は、子どもの中にほめられて動く種を植えている。
 叱られて動く種を植える親もいる。その子供は叱られると動くなるようになる
 子どもの動機づけに物を与えることもある。いずれはもらうためにお手伝いをするようになる。
 褒めることも叱ることも物やお金を与えることも外からの働きかけ。本当のやる気は外からはこない。
 
 親は幼いうちに子ども自身の中からわき出る、やる気の種をまくことができる。
 そのやる気の種は「人の役立つ喜び」この動機づけの種を植えることで子どもは一生
 健全なやる気を保つことができる。
 まずは親の役に立ってもらうことから始める。親の用事をやってもらって
 「いい子ね、えらいぞ」というほめ言葉ではなく、子どもが手伝ってもらうことに感謝し喜ぶ。
 子どもが親の為に働いたときに、親がどう感じたか、気持ちを教えてあげる
 「ありがとう」「助かった」など



他にも色々ためになるお話がありました
きっとすぐには全部実行することは難しいけど、こういう気持ちで子育てしたいなって
ママやパパが思っているだけども、接し方が変わってくると思います。
パパとも同じ本を読んで感想を言ったり、思ったことを話すことで
家族で楽しく協力していけると素敵だなって思います

テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

<< 市民の森 | ホーム | ふるさと幼稚園 ひよこクラブ >>


コメント

No title

なんかとっても私に必要な本な気がする(笑)
ぜひ読んでみたいです!!

Re: No title

ひろ&はるmamaさんへ

悩める二歳児をもつ母には読んでほしい(笑)
ヒントも多いからこれからの生活に役立つかも!

\(^o^)/

身体に気をつけて、お仕事頑張ってね!
私も自転車乗れないから、しのっちと一緒に教えて!

Re: \(^o^)/

シルクママさんへ

ありがとうございます!来週から仕事頑張ります!!!
自転車教えますよぉ~(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。